脱毛前・脱毛後の日焼けをしちゃいけない理由と緊急対策

脱毛前・脱毛後の日焼けをしちゃいけない理由と3つの対策

脱毛前・脱毛後の日焼けをしちゃいけない理由と緊急対策

夏の時期、海やプール、旅行など特に肌を露出する機会が多くなります。脱毛サロンのカウンセリング時などで注意されることとして「脱毛期間中は日焼けをしてはいけない」とアナタも言われたことがあると思います。

 

医療脱毛でも脱毛エステサロンでも脱毛中は日焼けはご法度とされています。

 

でもどうして、脱毛中は日焼けはご法度なんでしょうか?このページでは、脱毛中の日焼けをしてはいけない理由と、もし日焼けをした場合どうなるか?対策はどうすればよいかをご紹介します!

 

どうして脱毛中は日焼けしちゃいけないの?

 

「なんで、脱毛中は日焼けしちゃいけないの?」「日サロ行って肌を焼きたい!」「海やプールで遊びたい!」「仕事で肌を露出するんだけど…」などと思ったことがある人もいるのではないでしょうか。

 

日焼けしてはいけない理由として、脱毛の仕組みが関係してきます。脱毛というのは、レーザーが毛の黒い部分に反応します。黒い色に反応するように出来ているため、日焼けをしてしまった黒い肌にレーザーを当ててしまうと、次のようなリスクがあります。

 

もし日焼けしてしまったらどうなるの?
  • 火傷
  • 色素沈着(黒ずみやシミ)
  • レーザー照射時の痛みが強くなる
  • 効果が半減する
  • 激痛を感じる

 

そのため正確には、”脱毛期間中は絶対に日焼けしてはいけない”のではなくて、”日焼けによって様々なリスクが高まる”から日焼けしないでくださいねということなんです。

 

ちなみに、脱毛は黒い色に反応するということなので、肌が白い方のほうが脱毛効果は高いということです。脱毛先進国のアメリカでは、脱毛によるシミなどを防ぐために脱毛前(数週間前から)に美白クリームの使用をすることもあります。

 

 

脱毛予約日を忘れて直前に海で遊んでしまった…!

 

脱毛日や前日、直近に日焼けしてしまったら、日焼けした肌は冷水で冷やし、保湿ケアをしておきましょう。そして脱毛日はトラブルに繋がりますので、正直にスタッフの方に日焼けしてしまったことを伝えておきましょう。

 

脱毛日の数日前など直前に日焼けしてしまった場合、サロンによって対応は変わりますが、だいたいは日焼けした箇所を次の施術に飛ばすあるいは、出力を下げて脱毛を行うかのどちらかになります。

 

例えば全身脱毛の場合で、腕と足を日焼けしてしまった場合は、そこは次の施術に飛ばして今回はできる範囲だけ脱毛するということです。(回数制の場合、飛ばしても飛ばされた部位はやったことにならず、回数は消化されないので安心してください。)

 

日焼けクリームは当日塗っちゃいけない?!

 

サロンやクリニックによっては、当日日焼け止めは塗らないようにしてくださいという指示があると思います。日焼けするなといったり、当日は日焼け止めを塗るなと言ってきたり矛盾しているように思いますが、

 

日焼け止めクリームや保湿クリームの成分が毛・肌に付着したままでは脱毛の効果を妨げるからなんだとか。ですから、当日は塗らないもしくは、塗りたい場合は拭き取ってしまえるタイプで対応する形になります。

 

脱毛後、どのくらいまで日焼けしちゃいけないの?

 

これは具体的にどのくらいとは言えませんし、場所によっても答えが違うでしょうが、最低でも一週間、できれば脱毛日より一ヶ月は日焼けしないようにしたいところです。しかし、それでもどうしても、予定がある場合は、紫外線対策をしておき、保湿ケアと美白ケアも忘れずに行うのがベストです。

 

 

日焼けの怖さ、肌焼けのデメリット【あるドライバーの話】

 

脱毛期間中に限らず、日焼けというのは肌に負担がかかるためなるべく日焼けしないように常日頃から意識を高く持ちたいところです。日焼けの怖さが分かる1枚の画像があります。(気分を悪くされた方はごめんなさい。。)

 

脱毛前・脱毛後の日焼けをしちゃいけない理由と緊急対策

 

こちら写真の男性をみると顔の右半分と左半分で別人のように肌の状態が違って見えます。実はこの男性、元トラックドライバーで長年運転席で顔の片面だけが太陽光にさらされ続けたために顔の半分だけただれたようになってしまいました。この男性は生涯のうちで一度も日焼け止めを塗ったことがないそうです。

 

日焼けというのは本当に恐ろしくて、年を追うごとに肌がたるみ、しわが増えていくのは、太陽光に含まれる紫外線A波(UVA)が肌の奥深くまで浸透し、肌のはりを保っているコラーゲンやエラスチンといった物質に影響を及ぼすためです。男性は顔の左半分だけが極端にUVAの影響を受けてしまったというわけです。

 

特に「今、若いから日焼け対策は必要ないわ~」と思っている人ほど、歳を取れば取るほど、年齢相応に見られず、将来結婚して子どもが出来て、そして授業参観などあった時に、「お前のお母さんはおばあちゃんみたいだな!」と子どもの友達から言われるかもしれません。必ず日焼け対策はしておきましょう!

 

今すぐできる日焼け対策と

 

基本的には、マスク+日傘+長袖+サングラス+帽子といったことはもちろんですが、意外と知らない「紫外線対策と、日焼け止めクリーム」についてお伝えします。

 

日焼け対策と一言にいっても実は肌ごとに肌タイプがあり、肌タイプににあった日焼け対策がおすすめです。

 

スキンタイプとは、 紫外線に当たった時の、肌の反応の違いによって、6つのタイプに分けられます。

 

脱毛前・脱毛後の日焼けをしちゃいけない理由と緊急対策

 

【肌タイプⅠ】:常に赤くなる。肌の色が非常に白く、敏感肌。シミ、ソバカスができやすく、日光を浴びても褐色肌にならない。
【肌タイプⅡ】常に赤くなり、その後少し黒くなる:肌の色が白く、少し敏感肌。日光を浴びるとヤケド日焼けするが、その後、わずかに褐色になる。
【肌タイプⅢ】時々赤くなり、必ず黒くなる:敏感肌ではない。日光を浴びても最初に軽いヤケド日焼けする程度
【肌タイプⅣ】赤くならず、必ず黒くなる:日焼けに強い肌質で、普段の肌色がこげ茶色。日光を浴びるとすぐに褐色になり、きれいな肌色に焼ける。
【肌タイプⅤ】皮膚色がとても黒い
【肌タイプⅥ】黒人

 

日本人の場合、大部分の人が肌タイプⅡ~Ⅳに該当します。

 

 

知っているようで意外と知らない紫外線の種類

 

脱毛前・脱毛後の日焼けをしちゃいけない理由と緊急対策

 

日焼けの原因は紫外線ですが、この紫外線には「紫外線A波(UVA):即効悪影響」と「紫外線B波(UVB);ジワジワ悪影響」の2種類あります。

 

脱毛前・脱毛後の日焼けをしちゃいけない理由と緊急対策

 

肌を赤くする紫外線B波(UVB):日やけ(サンバーン)によって肌が真っ赤に焼けたり、水ぶくれができたりする原因は、このUVBです。UVBは肌表面の細胞を傷つけ、皮膚がんやシミの原因になります。

 

このUVBは日常生活の中で、日傘を使ったり、日焼け止めクリームを使ったりなど、極力直射日光に当たらないように心がけることだけで、ある程度防御することができます。

 

肌の奥まで届く紫外線A波(UVA):一方、紫外線A波(UVA)は、紫外線B波(UVB)ほど肌に急激な変化を与えません。紫外線A波(UVA)は、肌の奥深くまで到達し、じわじわと肌に様々な影響を及ぼします。例えば、コラーゲンを変性させ、これがしわなどの原因になっていくなど、長い時間をかけ、気付かない間に肌に悪影響を及ぼしていたのです。

 

 

日焼け止めの見方

 

日焼け止めクリームを見ると、「SPF」だとか「PA」といった数値が使われていると思います。知らず知らずのうちにSPFが高いほうがいいと思って使っている人も多いではないでしょうか。

 

この値って一体なんなんでしょうか?

 

脱毛前・脱毛後の日焼けをしちゃいけない理由と緊急対策

 

SPFとは?

 

SPFは、Sun Protection Factorの略で、「サンスクリーン剤を使用することによって、何も使用しない場合の何倍量の紫外線をカットできるか」を示したものです。SPF値が大きいほど紫外線カットの効果も高くなります。

 

このSPFについてですが、これは「UVB(肌を赤くする紫外線)に対する防御効果」を表しています。UVBによる肌の赤みを防ぐ効果ですね。

 

SPF30もあれば、90%以上の紫外線をカットすることが可能です。日常生活を送る分には、SPF15~20ぐらいのものをしっかりぬれば問題ありません。ただし汗や皮脂、服のこすれなどではがれ落ちるので、3,4時間ごとには塗り直す必要があります。

 

 

PAとは?

 

次にPAについてですが、PAは、UVAに対する防御指標のことで、「Protection Grade of UVA」の略です。PAは「UVAに対する防御効果」を表していて、 UVAによって肌が黒くなるを防ぐ効果を表しています。

 

PA値8以上(+++)は、十分なUV-A防止効果がある、PA値4以上8未満(++)は、かなりのUV- A防止効果がある。PA値2以上4未満(++)は、UV-A防止効果があるということを示しています。

 

 

肌タイプごとの紫外線対策

 

脱毛前・脱毛後の日焼けをしちゃいけない理由と緊急対策

 

スキンタイプⅠ~Ⅱの肌が赤くなりやすい人は、UVB対策をしっかりしましょう。そのために、SPF値が高めの日焼け止めを選ぶことが効果的です。

 

スキンタイプⅢ~Ⅴの肌が黒くなりやすい人は、UVA対策が必要です。PA+++の日焼け止めを使って、美白を目指しましょう。

 

日焼け止めは一度塗ったらそれで終わりではありません。きちんとした日焼け止め効果を期待するならば、3~4時間置きの塗り直しが必要となります。海やプールなど水に強いウォータープルーフ仕様の日焼け止めもあるので旅行などで海に行く人はそういったものも使うと良いでしょう。

 

引用:ロート製薬:こわいのはどっち!?紫外線A波(UVA)と紫外線B波(UVB) スキンケア大学

 

 

美白ケアも忘れずに!

 

さて、いかがでしたか?脱毛に日焼けがよくないのはリスクが高くなり、効果が半減するからです。そして日焼け(紫外線)対策は必須ということですね!日焼け(紫外線)対策はもちろんのこと、美白ケアも同時にしておくと、脱毛効果を高めることになります♪美白ケアで最近、雑誌などで話題の化粧品がトライアルで試せるので興味がある方は参考にしてください。

 

 

【妊婦向け美白訴求】サエルトライアルセット

decencia(ディセンシア)サエルの特徴

敏感肌の方にも評価の高い美白化粧品、「decencia(ディセンシア)」サエルは、ポーラ・オルビスグループから誕生した敏感肌専門ブランドです。

価格 1,480円
評価 評価5
備考 初回限定・送料無料
decencia(ディセンシア)サエルの総評

雑誌やTVで取り上げられている注目の美白化粧品で、ディセンシアのサエルはさっぱり感があって夏場にとてもオススメ!ディセンシアサエルトライアルセットには日焼け止めもセットになっています!

AMPLEUR(アンプルール)の特徴

皮膚科医開発のドクターズコスメ【アンプルール】の初回限定トライアルキットで、に30代~40代の美意識の高い女性に支持されており、芸能人や有名美容家の方々の評価が高いんです。

価格 1890円
評価 評価5
備考
AMPLEUR(アンプルール)の総評

「保湿&シミ対策」アンプルールの化粧水です。安全かつ浸透率を高めた新安定型ハイドロキノンを配合。表面にできたシミ、肌内部に存在する未来のシミにまで作用。

美白ケア(本製品1)

ビーグレンの特徴

医療レベルの浸透技術を応用した化粧品メーカーのビーグレンはカリフォルニア発のサイエンスコスメです。

価格 1749円
評価 評価5
備考
ビーグレンの総評

最強の美白成分と言われているハイドロキノンを配合しておりシミを予防するシムホワイト377、シミの原因になる活性酸素を除去するビタミンCが配合しています。