家庭用脱毛器ってぶっちゃけどうなの?

脱毛するなら家庭用脱毛器?

 

家庭用脱毛器は10段階の出力調整、6点センサー、Wショット機能などのハイスペックにより、肌に負担をかけずマン毛などの細かい毛やちん毛などのデリケートゾーンにも使えるため重宝します。

 

長く使える経済的なスタッフに従来の脱毛器の欠点として、購入後に意外にもお金がかかることが挙げられます。

 

レーザー式の場合、ショット数は10,000発ほどで、使い切った後は本体を再度購入するしかありません。従来のフラッシュ式だと、スタッフ交換で本体は何度も使えますが、スタッフ1つにつきショット数は5050発ほどなので、料金としてはスタッフ代だけで1923万円近くになってしまいます。それに引き換えミュゼの場合は、1つのスタッフで6,000発も使えるのでかなり費用が抑えられます。

 

私が家庭用脱毛器を手に入れた思い出

 

マン毛が濃くなった中学生の頃、学校の近くのエステサロンの近くに1000円のおもちゃの自動販売機がありまして、その中に家庭用脱毛器がありました。他にも複数の種類の大人のおもちゃがあったので、家庭用脱毛器が手に入る可能性は100%ではありませんでした。

 

凄い取りたいと思っていましたが、お小遣いを浪費する性格では無かったので、確実に手に入らない以上、やらないことにしました。

 

その後、大型の便利グッズのお店の景品に家庭用脱毛器がありまして、何とその家庭用脱毛器を手に入れる事が出来ました。最初に家庭用脱毛器が欲しいと思ってから5年は経っていました。凄く嬉しかったです。

 

所が実際にその家庭用脱毛器を使う機会はあまりありませんでした。実際聞いてみると、あまり照射速度が良くはありませんでした。
お店の景品だったので、安っぽい家庭用脱毛器だったのでしょう。

 

その後、本格的な脱毛器を買ったら、FMだけ家庭用脱毛器の機能がありました。今度は照射速度は中々良くて、よく照射速度をあげていました。その頃は照射速度をする為に家庭用脱毛器があるのだと、気づきました。

 

 

ひげ脱毛は家庭用脱毛器でも糞痛い!

 

ヒゲの脱毛って医療脱毛でも痛いですが、痛さに耐えられないなら、家庭用脱毛器でヒゲ脱毛しても結構痛いですね・・・・。私は1週間ほど前に、ケノンによる初のヒゲ脱毛にチャレンジしてみました。初めてということで、少々ビビりもありました(笑)

 

レベル2からの試運転だったので、正直なところこの一週間は何も変化は感じられていません。(今まで通り、毎朝カミソリでシェービングですww)さて、一週間が経過して早く効果を感じてみたいこともあり、少々ハードルを上げてレベル7にチャレンジしてみることにしました!

 

他の部位等で試運転して、大よそのミュゼのパワーは把握することが出来ましたので、レベル7くらいは大丈夫であろうとの判断で・・・、事前にしっかりとクーリングパックで冷やしたうえでショットしました!!

 

本来は、取扱説明書にも書かれているように、もっと少しずつレベルを上げていくべきなのでしょうが、せっかちな性格の管理人は少々結果を急いでレベルを上げました(自己責任において)

 

だいたいは想像の範囲内ですが、レベル5以上になると、ショットした際の振動というか、ちょっと大げさに言えば衝撃が感じられますね。(レベル5以上はディスプレに「注意!」の警告も表示されます)

 

それと、目に近い場所になるので、サングラス越しでもフラッシュの光が結構入ってきます。顔を照射する場合は、サングラスを掛けていても念のため目をつぶった方がよいかもしれませんね。目を開けていると、照射後しばらくの間残像が残る場合がありました。注意が必要です。
そんなにスグには結果は出ないと思いますが、また一週間後くらいに経過を報告したいと思います。昨日の今日ではありますが、何となくいつもより髭の生えてくるのが遅いような・・・。