髪の毛にダメージを与えるシャンプーの怖さ

髪の毛にダメージを与えるシャンプーの怖さ

 

一般的に髪の毛にダメージを与える原因は、市販のシャンプーに含まれる合成成分です。

 

一概にすべてそうとは限りませんが、合成成分が入った石油系シャンプーのせいで、女性の円形脱毛症、男性の抜け毛、若ハゲの原因、頭皮の傷み、毛のダメージ、キューティクルが剥がれ、髪の毛がパサパサ、髪の毛が弱く細くなったり、伸びが遅くなったりします。

 

ここで髪の毛の鮮度チェックをしましょう。あなたは大丈夫?髪の毛の鮮度チェック

 

  1. 髪の毛がキシキシする
  2. うまく髪型がきまらない
  3. ボリュームダウンして、ぺっちゃんこになる
  4. まとまりにくくて朝のセットが大変
  5. カラーが抜けやすくなった
  6. 枝毛がおおい
  7. 髪の毛につやがなくなった
  8. ワックスやジェルなど使っても髪の毛のセットがうまくいかない

 

3つ以上当てはまったら注意が必要です。

 

髪の毛にダメージを与える原因の1つにシャンプーに含まれる合成成分。合成成分に入っている化学薬品を使うと一時的にはキレイな髪の毛を演出できます。しかし合成成分は天然に存在しない人工的な薬品を大量に使っています。

 

そもそも髪の毛はアミノ酸というタンパク質が結合したものです。

 

石油系シャンプーは髪がツヤツヤでサラサラにみえるキューティクルを破壊します傷んでしまった髪の毛には適度なケアが必要ですが、自宅でのケアをしっかり見なおせば髪の毛にコシやはり艶は戻ります^^v