洗浄力は高いがこれといって取り柄がない石けん系シャンプー

洗浄力は高いがこれといって取り柄がない石けん系シャンプー

 

石けん系シャンプーとは主に洗浄成分が石鹸でできているシャンプーです。

 

市販に売られているシャンプーは石油系シャンプーが多いのですが、石油系シャンプーついで多いのはこの石けん系のシャンプーでパッケージの裏側に脂肪酸Na(ソーダ石鹸)、脂肪酸K(カリ石鹸) 、石けん素地と書かれていたら石けん系です。

 

石けんと聞くと固形のものを想像しますが、液体の状態でボトルにパッケージングされています。成分は殆どがアルカリ性です。

 

石けん系シャンプーのメリットとデメリット

 

髪の毛とカラダ両方が洗えて、安価で購入でき、洗浄力が高いというメリットがあります。逆に石けん系シャンプーのデメリットは、髪の毛がきしむ、キューティクルが開く、カラー(毛染め)の退色も早い、石鹸カスが頭皮に残留しやすい、必要以上に油脂を取り除くといったところです。

 

私たちの髪の毛や頭皮は弱酸性で、石鹸系シャンプーはアルカリ性です。アルカリ性は髪の毛のキューティクルを開くためきしむ原因になります。だから石けんで髪の毛を洗うとわかりますが、ゴワゴワします。

 

キシキシして指通りが悪くなります。また頭皮への残存性も高いと言われ人によってはフケやかゆみの原因につながります。しかし石鹸系シャンプーは、使い続けてなれれば髪の毛がキシミにくくなると言われます。我慢してなれるまで使い続ければ石けん系シャンプーは石油系シャンプーより悪くありません。