価格こそ高いがシャンプーの中の王様がアミノ酸系シャンプー

価格こそ高いがシャンプーの中の王様がアミノ酸系シャンプー

 

さてシャンプーは大別すると石油系と石鹸系、そしてアミノ酸系があります。そしてこのアミノ酸シャンプーこそ、もっとも髪にやさしいとされるのです。アミノ酸系シャンプーとは洗浄成分(界面活性剤)にアミノ酸系の成分を使用しているシャンプーのことで

 

成分にはサルコシン・グリシン・グルタミン酸・メチルアラニン・メチルタウリンなどが入っています。あまりドラッグストアや薬局、スーパーなどではみかけません。アミノ酸系シャンプーは最も低刺激で洗浄力はやや弱めですが裏を返せば髪や頭皮にやさしいということです。

 

薄毛や抜け毛に悩む人や、肌が弱い人(敏感肌、アトピー)に人気のシャンプーです。

 

洗浄力がやさしいからきちんと髪の毛の汚れを落とさないの?と疑問になりますが、そんなことはなくて、汚れもきっちりと洗い落としてくれます。皮脂を根こそぎおとさず頭皮に必要なうるおいをちゃんと残しておきます。

 

美容業界でも、多くのサロンがアミノ酸シャンプーに切り替えています。

 

アミノ酸系シャンプーのメリット・デメリット

 

そんなアミノ酸シャンプーのメリットですが、低刺激なので髪や頭皮、地肌にやさしく、適度な洗浄力で皮脂を取り過ぎないからべとつかない。また保湿力が高いため髪がうるおってツヤツヤになり、パサつきにくくなります。アトピーや敏感肌の方にも安心して使えます。

 

逆にアミノ酸系シャンプーのデメリットですが、市販のシャンプーよりも製造コストがかかり、価格が高いです。洗浄力が弱いため、洗髪直後も頭皮の汚れが残る場合もあります。

 

保湿力が高いため、髪が重くなって、ボリュームを出しにくく、髪の毛を洗ったという清涼感や爽快感を感じにくいのがデメリットです。

 

口コミでもアミノ酸系シャンプーは「洗浄力が気に入らない、洗った気がしない」といった声がありますが、アミノ酸系シャンプーは肌にやさしいのでちょっと気になるな~という時は2度洗いをすることで改善されます。

 

それが面倒な人には不向きでしょうが本当に地肌や髪のことを考えるならアミノ酸系シャンプーが一番良いでしょう。最近女性の、ハゲや脱毛症が進んでいます。その多くは、消費者が知らないことをいいことにメーカーが危険な薬物を入れて大量生産して大量に売りつけているからです。

 

メーカーとしては、売れればいいわけで当然私たちの髪のことを考えて作ってはいません。デフレで物が売れないのですから、より安くする必要があります。より安くするといったら一番どこを削るか分かりますよね?

 

人件費?

 

それもそうですが、簡単に削れる場所は原価です。正社員の給料を次の日から「じゃあ明日からお給料を10万円下げるからお仕事頑張って」なんてことは不可能ですよね?

 

でも原価ならそれが可能なわけです。一般的な石油系シャンプーの原価は10~100円くらいです。またCMなどで髪に良い新成分◯◯配合!と大々的に告知していますが実はシャンプー成分の0.01%しか配合されていないなんてことはよくある話です。シャンプーを見直すだけで髪の状態は変わっていきます。

 

アミノ酸シャンプーで髪にツヤが出る

 

価格こそ高いがシャンプーの中の王様がアミノ酸系シャンプー

肌と一緒で、髪の毛も普段から手入れをしてあげないと、段々とツヤがなくなります。

 

当たり前ですが、髪も肌も構成している要素は一緒だからです。よく考えてください。お肌と、髪の毛が生える頭皮は同じ皮膚どうしで、一枚で繋がってます。そしてその繋がった皮膚、つまり頭皮から髪の毛が生えているのです。

 

難しくいうと 皮膚の一部が細胞分裂を繰り返し変化したものが髪の毛で、タンパク質だとかケラチンだとかアミノ酸だとかそういったややこしい理科のように眠くなる話になるのでここではやめておきますが、とにかく覚えておいてほしいことは

 

お顔の手入れをすると同じくらい、髪の毛の手入れをして欲しいということです。

 

では髪の毛の手入れはどのようにするのが正解でしょうか?

 

価格こそ高いがシャンプーの中の王様がアミノ酸系シャンプー

正解は、顔と同じように手入れするということです。なぜなら顔の皮膚と、髪の毛は一緒だから。そう考えたら「普通のシャンプーでいいの?」って話じゃないですか。答えはノーです。

 

普通のシャンプーって、多分LUXとかAsienceとかそーいったシャンプーを選ぶと思うのですね。でもあれって髪に良い成分なんて1%も入ってないですからね(笑)ああいった1000円以内で買えるシャンプーって、石油系と言われるシャンプーで、髪に悪いものですからね。

 

で、顔の手入れをするってなるとどうしますか?だいたいですが、美容液とか保湿クリームとか色々と使いますよね。じゃあ答えは簡単ですよね。顔と同じ手入れを、髪の毛にもしてあげる

 

これが正解ですよ。そうなるとどういったシャンプーを選ぶか答えは明確です。美容液と同じようなシャンプーを選ぶってことです。

 

例えば、美容液で髪の毛を洗うシャンプーなんてあったらどうでしょうか?もう聞いただけでなんか髪の毛に良さそうですね。

 

髪の毛は、顔と同じ皮膚でつながっています。顔と同じように日頃のケアとシャンプー選びが大切なのはいうまでもありません。