髪の毛がきしむ、うねる、ごわつく、傷む。その10の原因

髪の毛が傷んだり、ギシギシしたり、ごわついたり、うねったり、ペッタンコになったり、健やかな髪の毛ではない状態というのは、髪の毛が傷んでいるということです。では髪の毛が傷む理由はカラーやパーマだけではありません!

 

カラーリングやパーマなどの美容室での施術

 

刺激の強い薬剤によって、髪の毛にダメージが加わります。通っている美容院に直接聞いてみましょう。もしかしたら教えてくれないかもしれませんのでそこの美容院で働く見習い美容師さんの手を見て下さい。

 

美容師の手はシャンプーやカラーリング剤でかなり手荒れがひどくガサガサです。

 

髪の毛がきしむ、うねる、ごわつく、傷む。その10の原因

 

対策:できれば髪にやさしいカラーリング剤を使っている美容院にいくこと

 

 

ドライヤーやアイロン

 

髪の毛がきしむ、うねる、ごわつく、傷む。その10の原因

 

長い時間乾かしすぎたりアイロンをあてすぎたりすることで、水分が失われたり熱により髪の毛が傷んでしまいます。

 

対策:ドライヤーは髪から10cm以上離し、はじめに根元から乾かしましょう。10cm以上離してかければ、ドライヤーの温度が下がり、髪を傷めにくくなります。1箇所に当てすぎると熱で髪が傷むため、ドライヤーを振るようにすることで熱を分散させます。頭皮に直接ドライヤーの風を当てると、水分が奪われ乾燥するのでこれも注意が必要です。

 

 

髪の毛が濡れたまま放置すること

 

髪の毛がきしむ、うねる、ごわつく、傷む。その10の原因

 

ドライヤーも髪の毛を傷める原因となりますが、髪の毛を濡れたまま放置するのも髪の毛を傷める原因となります。濡れた髪の毛は刺激に弱く、髪同士や枕などによる摩擦でキューティクルがはがれやすくなってしまいます。

 

対策:ぬれたまま放置しておくと、枕や様々なところとの摩擦でキューティクルがはがれてしまうだけでなく、頭皮の雑菌も繁殖しやすくなってしまいますのですぐ乾かします。また濡れたままで寝るとキューティクルを傷めるだけでなく、頭皮から髪の成長まで影響が出てしまうので、髪をきちんと乾かして寝ることが大切。

 

 

ゴシゴシとタオルで拭くこと

 

髪の毛がきしむ、うねる、ごわつく、傷む。その10の原因

 

タオルでゴシゴシすることで、機械的な刺激が加わり、キューティクルが傷んでしまいます。

 

対策:髪を拭くのではなく、頭皮の水気を取るようにタオルドライする

 

 

無理なブラッシング

 

髪の毛がきしむ、うねる、ごわつく、傷む。その10の原因

 

ブラシと髪の毛の摩擦でキューティクルが損傷することがあります。

 

対策:ブラッシングはまず『毛先』のほうから。髪の毛がもつれている時にいきなりトップの方からとかしてしまうと髪の毛を傷めるので、 毛先の方から入れて、徐々に髪をほぐしていきましょう。ブラッシングには柔らかくてコシのあるのブラシがおススメ。静電気を起こしやすいプラスチック製のブラシは避けましょう。

 

 

紫外線

 

髪の毛がきしむ、うねる、ごわつく、傷む。その10の原因

 

肌が日焼けするように髪の毛も日焼けします。紫外線を受けると髪の内部が乾燥し、キューティクルが剥がれて枝毛や切れ毛の原因になります。さらに日焼けした頭皮はかゆみが発生しフケが発生します。

 

対策:帽子をかぶったり日傘を利用します。

 

 

冷暖房

 

髪の毛がきしむ、うねる、ごわつく、傷む。その10の原因

 

冷房で血液の循環が悪くなってしまい頭皮に栄養が行き渡らなくなったり、空気の乾燥により切れ毛や枝毛の原因になったりします。

 

対策:そもそもエアコン自体カラダによくありません。エアコンは使用時間が30分を超えると水分量が25%も減少します。(乾燥肌の原因にも)室温が5℃上がると、湿度は10%程下がり、40%あった湿度は30%まで減少します。そのため適切な温度を保ち、加湿器を利用しましょう。常に付けっぱなしはよくありません。控えましょう。

 

 

ストレス

 

髪の毛がきしむ、うねる、ごわつく、傷む。その10の原因

 

脱毛や髪の毛の発育不良になりやすく、損傷を早めることもあります。

 

対策:適度な運動や、ストレス発散法を身につけましょう!ストレスは全ての病気のもと!

 

 

偏った食生活や無理なダイエット

 

髪の毛がきしむ、うねる、ごわつく、傷む。その10の原因

 

十分な栄養が頭皮に行かないと髪の毛は元気に成長してくれません。朝食を抜いたらNG。

 

対策:毎日規則正しい生活を!お菓子や脂っこい食事を控えます。良質のたんぱく質、コラーゲンは納豆、ナメコ、オクラ、小松菜、ホウレソ草などの緑黄色野菜玄米、胚芽米、ゴマ、クルミ、アーモンドなど。

 

 

石油系シャンプー

 

髪の毛がきしむ、うねる、ごわつく、傷む。その10の原因

 

シャンプー選びを間違えるとキューティクルを破壊し、髪の毛がゴワゴワのキシキシ、さらには抜け毛の原因などになります。多くの場合シャンプー選びを間違えています。

 

対策:アミノ酸シャンプーを使おう。