育毛剤は使い方ひとつで、効き目が極限まで違ってくる驚愕の理由

育毛剤の役割

 

薄毛になったから、抜け毛が増えたから育毛しようというと大体の人が育毛剤をイメージ擦¥すると思います。この育毛剤の役割は、現在ある髪の毛の健康を保ち育てることです。

 

頭皮が健康になると抜け毛が減り、髪が残り、結果的に髪が増えてきます。育毛とは、地道に髪を育て、髪を増やしていく方法となります。

 

最近の育毛剤は、いろいろタイプの育毛剤・発毛剤が販売されるようになりました。市販の育毛剤・発毛剤でもある程度の効果は期待できるようになりつつあるようです。

 

国内では、発毛・育毛成分のミノキシジルが入っている育毛剤として大正製薬から1%を含有する外用発毛剤「リアップ」として発売されています。

 

しかし、その副作用として全身の多毛症を頻繁に引き起こすことから、頭皮に対しての外用薬としての臨床試験が実施され、脱毛症に有効だと発表されました。

 

「リアップ」は、爆発的なヒットとなりましたが、効果に関しては、効果のある人とそうでない人とで、ばらつきがあるようです。

 

育毛剤は、その人の使い方ひとつで、効き目や効果が違ってきますし、使用者の体質によっても、大きく結果は分かれるようです。

 

自分の体質が分かっている人が自分の髪の状態にあった育毛剤を選ぶことができ、その育毛剤にあった使用法をきちんと守ることができたら、育毛剤の効果を感じることができるのでしょうが、なかなか結果を出すのは難しいようです。