リンス・シャンプー・トリートメントの違い知ってる?

リンスとシャンプーとトリートメントの違いって何?

 

最近ドラックストアーで、いろんな種類のヘアケア製品がたくさんあります。ヘアケア商品のひとつにシャンプー剤、トリートメント、リンスなどがありますが、リンスとシャンプー、トリートメントの違いを理解している人は多くないと思います。

 

中には「シャンプー1本」で、「リンス、トリートメント」がいらないというヘアケア商品「リンスインシャンプー」や「トリートメントインシャンプー」といった商品があります。便利でオトクですっごくメリットを感じてしまいますが、髪の毛のことを考えるとそうはいってられません。

 

なぜならシャンプーにはシャンプーの役割があって、トリートメントにはトリートメントの役割があって、リンスにはリンスの役割があるからです。

 

つまり、リンス、シャンプー、ヘアトリートメントには別々のヘアケアの目的があるということです。それでは、まずシャンプー、トリートメントのヘアケア商品の選び方からご紹介いたしますね。

 

 

シャンプー、リンス、トリートメントの目的

 

ではシャンプー・トリートメント・リンスの目的は何でしょうか?

 

シャンプーの目的は洗浄、ただ髪の毛を洗うだけです。トリートメントは、油分や養分を補給するもので、パーマやヘアカラーでダメージを受けた髪に、栄養を補給をするものです。 

 

リンスはそれらのものが外に流れないようにキューティクルを保護するものです。 

 

ちなみにコンディショナーはトリートメントとリンスの中間、髪に栄養を与えながら髪の質感を整えるものと覚えておくといいでしょう。

 

つまり、シャンプーで汚れを落として、トリートメントで油分を与え、リンスで閉じ込めるということですね。ですから、それぞれに全く別の目的をもったものが、一緒であることはありえませんね。

 

 

髪の毛に良いシャンプーの選び方とは?

 

それでは、よいシャンプーとはどのようなものでしょうか。実はヘアケアの中でももっとも大事な基本なんです。

 

ここを間違えてしまうと大変なことです。脱脂力の強いシャンプー剤で必要な、脂分や栄養分まで取っていっては意味がありませんので、「汚れのみを落としてくれる」やさしいものがよいシャンプーといえます。

 

質のよいシャンプーは洗いあがりがしっとりとしていて、髪がしなやかになり、シャンプー毎日しても髪が傷みにくく、手も荒れないものです。

 

良いシャンプーは賞味期限があります。化粧品やシャンプーが腐らないってちょっと考えればおかしいことに直ぐ気づくはずです。

 

髪の毛に良いトリートメントの選び方とは?

 

トリートメントは髪に栄養を与える保護剤、リンスは髪の手触りを柔らかくする柔軟剤です。

 

よいトリートメントは、仕あがりが軽くベトつきがありません。反対によくないものはベタっと重い仕上がりになります。

 

健康毛の人は、とくに必要ありませんが、パーマやヘアダイをしている人はシャンプーのたびにトリートメントを行う事をおすすめいたします。

 

例えば、カラーリングで髪がパサパサしてしまうします。

 

カラーリングをしても髪の成長で根元がすぐ黒く見えてしまい、それが気になってまたカラーリングを繰り返す。

 

カラーリングの頻度が高くなれば、それだけ髪の毛には大きなダメージです。こういった場合はできれば、普段からトリートメントで栄養を補ったり、美容室でヘアケアなどを定期的に受けたりして、髪を保護してあげましょう。

 

つまりトリートメントの役割は髪の毛のダメージを修復すると覚えておきましょう。

 

 

髪の毛に良いリンスの選び方とは?

 

リンスとは、「すすぎ」という意味で、すすぎ洗いのときに使用するものです。シャンプーで開いたキューティクルを引きしめ、静電気をおさえ髪を保護する役目があります。

 

よいリンス剤は、キューテイクルを密閉しないので、洗いあがりがサラッとして、髪がいきいきします。原料はそれぞれ、弱酸性や植物性、海藻性のものがよいでしょう。

 

アルカリ性のものや科学合成物質からできたものは使用しないことです。またリンスと表示されているものには、栄養分はほとんど含まれていません。リンス・シャンプー・トリートメントの違いは分かったと思います。