ニキビの正しい洗顔をマスターしてツルスベ肌【画像でわかる】

ニキビの正しい洗顔をマスターしてツルスベ肌【画像でわかる】

洗顔の目的は、ニキビを治すことではなくて、肌についた汗やホコリ、皮脂といった汚れを落とし、ターンオーバーを邪魔しないことです。このことが分かっていないと、ニキビを治そうと思って必要以上に顔を洗いすぎてしまい、逆効果になってしまいます。

 

もう一度いいます。洗顔はニキビを治すためのものではありません。

 

■洗いすぎるとどうなるか?

 

洗いすぎると顔に必要な皮脂まで落としてしまいます。そうするとお肌は「お肌を保護する皮脂が足りていない!」と感じて、さらに多くの皮脂を出そうとします。皮脂肌の人や生理前に皮脂が多くて気になってしまう人ほど何度も洗ってしまいますが、それが逆効果になっています。

 

洗いすぎによって、ニキビ以外の肌トラブルが増えます。バリア機能が低下し肌がゴワゴワする、顔がテカテカする、毛穴が開く、顔がつっぱる、ニキビ跡が残りやすくなる、顔が赤くなる、シミが残りやすくなるなど肌トラブルの多くが顔の洗いすぎです。

 

■朝はぬるま湯だけの洗顔で充分

 

朝からいきなり洗顔料を使う必要はありません。ぬるま湯だけで充分です。その際に手を石鹸でしっかりあらっておき、顔はぬるま湯で素洗い。

 

■顔を洗う回数は1日1回+ぬるま湯の軽くすすぐ程度

 

顔を洗う回数は何回ありますか?そしてあなたは何回洗顔料を使っていますか?洗顔料は1日1回だけでとどめておきましょう。それ以外は、洗顔料を使わず、ぬるま湯だけで軽くすすぐ洗顔だけでOKです。

 

■選ぶ洗顔は固形石鹸

 

「スクラブ入り」は爽快感があって洗いごたえがある気もしますが、スクラブの摩擦が肌を傷つけるので避けましょう。またクリームタイプや液状タイプの洗顔料は油分や合成界面活性剤を含んでいるものが多いです。

 

それが肌に残りやすく、さらに肌の中へと浸透して刺激になるので、敏感肌の人はしみるような感じがすることもあります。オススメなのは固形石鹸をネットであわ立てて使うこと。

 

ただし、注意が必要なのが固形石鹸でも合成の界面活性剤を使っている場合があるので、JISマークの入っている純石鹸(石鹸成分97%以上)のものを選ぶようにしましょう。

 

■ただしい洗顔方法

 

まずは、水に近いぬるま湯(32℃)で顔を予洗いします。予洗いの目的は、肌表面の汚れを取り去ること。

 

洗顔で注意する点が2つ。

 

1つ目は手で顔をゴシゴシこするのはNG。
2つ目は手をしっかりと洗っておくこと。

 

ステップ1:手をしっかりと洗い、両手でぬるま湯をためる
ステップ2:優しく、顔にぬるま湯を顔につけるだけでOKです。ゴシゴシしないこと。
ステップ3:固形石鹸をネットに入れて泡立てる。ある程度泡だったらネットから石鹸を出しても大丈夫です。
ステップ4:モチモチになるまで泡立てる。

 

 

https://www.youtube.com/watch?v=5XHaIgmyHtc
http://www.skincare-univ.com/article/000086/
http://www.skincare-univ.com/article/000223/