毛穴のつまりでニキビ・肌荒れが起きる方へ【3つの毛穴】

実はホルモンの他に、毛穴にも問題がありました。

 

3つの毛穴

 

毎度懲りずにできるニキビ肌荒れトラブル。ホルモンの他に、毛穴にも、問題が起きていました。

 

毛穴のつまりでニキビ・肌荒れが起きる方へ【3つの毛穴】

 

実は毛穴には「①脂腺性毛包(しせんせいもうほう)」「②終毛性毛包(しゅうもうせいもうほう)」「③軟毛性毛包(なんもうせいもうほう)」の3種類があります。

 

①脂腺性毛包(しせんせいもうほう)

毛穴のつまりでニキビ・肌荒れが起きる方へ【3つの毛穴】

脂腺性毛包とは、大きく発達した皮脂腺を豊富に持ち、皮脂分泌が活発な毛穴のことです。毛は細く短く産毛といえないような毛も存在します。顔・胸・背中の体の中心のラインに主に分布しています。

 

 

②終毛性毛包

毛穴のつまりでニキビ・肌荒れが起きる方へ【3つの毛穴】

②終毛性毛包とは、頭髪やヒゲ、脇毛といった比較的太くしっかりした毛が生えている毛穴です。

 

コチラも皮脂分泌はありますが、毛が伸びるため皮脂も排出されるので、皮脂がたまりにくくニキビが発生しにくいのです。

 

③軟毛性毛包(なんもうせいもうほう)

毛穴のつまりでニキビ・肌荒れが起きる方へ【3つの毛穴】

③軟毛性毛包とは、産毛のような軟らかい毛が生えている毛穴で脂腺が発達していません。
そのため皮脂の分泌がほとんど無い毛穴です。

 

コチラは成長の過程で先ほどの脂腺性毛包や終毛性毛包に変化することもあります。

 

実質、ニキビができるというのは、①脂腺性毛包(しせんせいもうほう)の毛穴で、アナタも聞いたことがあるかもしれませんが、「毛穴のつまり」というのは脂腺性毛包(しせんせいもうほう)が関係してきます。

 

顔の脂が過剰な状態になり、効率的に皮脂が排出されなくなると、毛包(ポケットみたいな部分)に皮脂がとどまってしまいます。また乾燥などによって毛穴(①脂腺性毛包)の入り口は角化しやすく、毛穴が閉じてしまい、皮脂が外に出なくなります。

 

そうなると、皮膚常在菌であるアクネ菌が停滞し、小さな塊ができた状態が「小さなニキビ(白ニキビ、微小面皰)」そして時間の経過によって、皮膚が盛り上がる「大きなニキビ(赤にきび、面皰)」となります。

 

毛穴の詰まりによってニキビができるまで

 

(1)オイリー肌、皮脂を過剰に分泌し毛穴につまりやすくなる
(2)エストロゲンが減り、肌が乾燥する
(3)脂腺性毛包は、過剰に分泌された皮脂・角質・お化粧品や汚れが混ざったものが溜まりやすい。
(4)肌が乾燥したことで、皮膚の細胞は角質層を厚く固くして対処する
(5)そのため、本来であれば肌がターンオーバーして剥がれ落ちるはずの角質が毛穴の入り口をふさぐ
(6)しかし肌の乾燥によって固くなり、ターンオーバーが正常にいかず「角栓」に変化
(7)アクネ菌が異常繁殖してニキビになる

 

 

生理前に繰り返しできるニキビの対策方法と、思春期のニキビ対策とでは根本的に違ってきます。また一言に生理前に繰り返しできるニキビといっても、ニキビができる箇所によっても対策が変わってくるのです。

 

思春期のニキビはTゾーンという額や鼻などを中心としてできやすいのが特徴です。一方で生理前に繰り返しできるニキビの箇所は、Uゾーンと言われる、顎や口元(口のまわり)、フェイスライン、こめかみ当たりではないでしょうか。

 

実はフェイスゾーン、Uゾーンと言われる大人ニキビができやすい場所は、皮脂の分泌が少ない箇所です。ということは、毛穴が小さく皮脂の過剰分泌によって毛穴つまりが起きやすい

 

http://www.nikibinaoru.com/meka/mouhou.html

 

http://www.ci-labo.jp/skin-trouble/198/

 

http://nikipedia.jp/adult-acne-1021