弛んだお尻をキュッと引き締めて↑あげる↑小尻にする30日スクワット

弛んだお尻をキュッと引き締めて↑あげる↑小尻にする30日スクワット

弛んだお尻をキュッと引き締めて↑あげる↑小尻にする30日スクワット

「お尻が大きい…」「お尻が弛んで年齢を感じる…」「お尻を小さくしたい…」と悩む方は多いです。引き締まったヒップは男性を虜にするだけではなくて、女性からも憧れの眼差しで見られることでしょう!

 

そこで今回ご紹介するのは、「たった30日で、ダルダルだったお尻がキュキュっと引き締まり持ち上げるスクワット」なんです!このお尻を持ち上げるスクワットはアメリカで流行っていて、”30日スクワットチャレンジ”なんて呼ばれているんですよ。

 

百聞は一見にしかず!まずはこの30日スクワットチャレンジをした女性のビフォーアフターをご覧ください!

 

弛んだお尻をキュッと引き締めて↑あげる↑小尻にする30日スクワット

 

まさに美尻は作れる!ってやつですね。自宅でお金をかけずに、誰でもできる方法なので是非あなたも取り入れて美尻を作ってください!

 

「スクワットだけで嘘でしょ?!」と思うかもしれませんが、この30日スクワットチャレンジをしたら、例えば、80歳のおばあちゃんでも、3ヶ月あればプリッとしたお尻を手に入れることは可能とまで言われています。

 

お尻というのは、二の腕のコブみたいにムキッと力を入れることができる部分。力を入れることができるということは、筋肉の量が多いため、鍛えればその分、結果も見えやすいパーツ。

 

早い人では最初の1週間あたりで、おしりが引き締まり、持ち上がって周りから「アナタのお尻なんだか物凄く素敵よ!何か始めたの??」と注目を浴びることは間違いないでしょう!

 

お尻が垂れていると、なんだか情けない、だらしない、女として見ることができない、悲しいなど思われています。ライバルに差をつけましょう!

 

でもどうしてお尻が垂れてしまうの?

 

アナタはお尻が垂れてしまうのは年齢のせいだと思っていませんか?当然、歳を重ねるとヒップが落ちますが、それ以外でも原因があります。例えばデスクワークをするなどして長時間座っていると、筋肉を使いませんのでどんどん衰えていきます。

 

さらには、普段の姿勢が猫背だと、全身の筋肉をつなぐ筋膜の動きも制限されて、老けて見えやすくなります。他にも柔らかいソファーに座ると体が埋もれて猫背になってしまいます。

 

そうなるとその姿勢が楽なので、次第に筋力を使わずに、お尻、胸など全身が垂れてしまいます。

 

ヒップが変わると全身が変わる!

 

このお尻を鍛えると、脚が細くなり、腰の位置が上がります。そうなると何と全身まで美しく変わってしまうのです!ヒップを上げる筋トレのその効果とは?

 

■ウエストが細くなる

 

なぜ、お尻を鍛えると、ウエストが細くなるのでしょうか?実は、お尻周りの骨盤底筋は下腹部の筋肉と繋がっているので、
お尻を鍛えることで背中やウエストなどの体幹も鍛えられるので下腹部が自然と凹んできます

 

■脚が細くなる

 

お尻を鍛えると内ももの筋肉が自然に鍛えられ、脚が細くなります。バレエダンサーに足が細い人が多いのはこのお陰ですね。

 

■背中のラインが美しくなる

お尻の引き締めを続けると、全身の歪みが改善され、背中-おしり-太ももまでのラインがキュッと上がったSラインに!

 

■デコルテのラインが美しくなる

 

お尻を引き締める運動で内股の内側から身体を引き上げると、骨盤が上がってデコルテがスッと開きます。また、背骨もまっすぐになって、胸元のラインも美しくなります。これも、バレリーナのデコルテが綺麗なのがいい例ですね。

 

■バストのたるみまで持ち上げる効果も

 

年齢とともに女性たちを悩ませるたるみですが、女性のための若さを左右するお尻とバストのたるみの原因は、引き上げ姿勢を保つ筋肉にあります。お尻を持ち上げる殿筋、バストアップに関わる後背筋も、姿勢を保つにはある程度の筋力が欠かせません。

 

美尻スクワットでストレス発散効果も

 

場所も選ばず、ヨガのヨガマットみたいに何か特別な道具もいらず、空いている時間にちょこっとできるエクササイズは限られています。それが可能になるのがスクワットなんですよ。

 

ストレッチなどは、地面に体を接するため、何時でもどこでもできません。しかしスクワットなら例えば会社の誰も居ないような場所でサササッとできるので、ヒップも鍛えられて、さらにストレス発散効果もあるんです。

 

では美尻スクワット「30日スクワットチャレンジ」のやり方をご紹介しますね!

 

30日スクワットチャレンジのルール

 

ルールはいたって簡単なんです。何事も無理はしてはいけません。初日はスクワットを50回行います。ただ一日の中でこの数をこなせば、一度のスクワットで全部やらなくてOKです。それを毎日少しずつ回数を増やしていって、最後の30日目には250回をこなすというものなんです。

 

1週目(1日~7日)

2週目(8日~14日)

3週目(15日~21日)

4週目(22日~28日)

5週目(29日~30日)

1日目 50回

8日目 お休み

15日目 150回

22日目 195回

29日目 240回

2日目 55回

9日目 110回

16日目 お休み

23日目 200回

30日目 250回

3日目 60回

10日目 115回

17日目 170回

24日目 お休み

4日目 お休み

11日目 120回

18日目 175回

25日目 220回

5日目 80回

12日目 お休み

19日目 180回

26日目 225回

6日目 85回

13日目 140回

20日目 お休み

27日目 230回

7日目 90回

14日目 145回

21日目 190回

28日目 お休み

 

数字だけ見ると、「こんなに出来るかな?」と思ってしまいますね。筋トレ初心者の人は、10回×1セット、セット間の休憩を30秒で始めてみてください。

 

 

実際の動画です。解説の内容

 

ゆっくり、ひとつのひとつのフォームを確認しながら、正確に行うようにしましょう。

 

1.足をお相撲さんが四股を踏む時のように大股に広げる。つま先も外側に向ける。
2.両手をお腹の上に組む。
3.腰をゆっくりと深くおとす。10回続ける。
4.組んだ両手を頭の後ろにあて上記と同じ動作をする。10回続ける。
5.お相撲さんがよくやる動作ですが、両手を上に広げて掲げながら上記と同じ動作をする。これも10回続ける。

 

またお腹に力を入れておかないと、腰を痛めてしまうので注意してください。

 

垂れたお尻にスクワット!この筋トレの最大のデメリット

 

それはキツイということ。そして大切なのは、正しいフォームで行うことです。フォームが正しくないと、他の筋肉に負担がかかってしまい、余計なところが太くなってしまいます。

 

また、足を引き締めたい目的でスクワットを行う場合の注意点として「体脂肪で太くなった方にはオススメ」です。体脂肪は全体的に増減する性質からもスクワットなどの全身の代謝を増やすエクササイズは有効なのです。

 

しかし筋肉で太くなる場合、脚の筋トレは脚が太くなる危険がありますので、体脂肪がついてしまった方には向いてます!

 

 

楽してお尻を小さくしたい方、お尻をあげたい方へ▼
ラ・シュシュ
スクワットもいいけれど、さらに早く結果を出したい、すぐにお尻を引き締めたい、お尻をキレイにスベスベケアしたい。そんな方には脂肪燃焼クリームを合わせて使うと、結果が早く出やすくなることでしょう。