米油 食べ方は?危険って本当?どんな効果効能があるの?

そもそも米油って何?

 

米油 食べ方は?危険って本当?どんな効果効能があるの?

胃もたれしにくいということで、いま注目を浴びている米油。

 

米油とは玄米の「米ぬか」から抽出される植物油でこめ油の特徴として、食欲が減退する“油酔い”しくく、胃もたれしにくいこと。

 

そして、揚げ物がカラッと揚がり、鍋にこびりつく酸化物が少なく油煙が出ないのでキッチンの油汚れの心配をする必要がなくなります。

 

ただ、色々と調べてみたら米油って実はそんな騒がれる程のもの?ということが分かりました。この記事を読めば、米油の健康リスクや正しい摂取方法、使い方について理解できるでしょう。

 

⇒ ええい!記事なんてすっ飛ばして、今すぐ米油を手に入れたいんだ俺は!

 

栄養成分から分かる米油の効果効能って?

 

こめ油が注目されている理由として、特質スべき点は強力な抗酸化作用もち、悪玉コレステロールを下げ、動脈硬化を予防する働きがあるということです。

 

特にこめ油の栄養成分として、代表的なのはγ(ガンマ)オリザノールとスーパービタミンEです。これらは老化や生活習慣病の原因でもある活性酸素を除去する働きがあり、善玉(HDL)コレステロールを増やして悪玉(LDL)コレステロールを減らすので動脈硬化の予防にも効果があると言われています。

 

こめ油って危険なの?

 

「米油」と検索すると、「米油 危険」と表示されて気になる方もいると思います。

 

米油 食べ方は?危険って本当?どんな効果効能があるの?

 

米が危険だと言われる理由は2つあります。

 

劇薬ノルマルヘキサンの使用

 

製造過程において、玄米から脂分を抽出するのですが、その中に科学的にも劇薬で人体へ悪影響を与える危険性が高い「ノルマルヘキサン」を使って抽出するからです。

 

これの対策としては、「ノルマルヘキサン」の抽出を避けた圧縮一番搾りの米油を選べば安心できます。

 

アレルギー疾患や免疫力の低下、アトピーや花粉症の原因になる

 

さてここからが問題です。これが一番のリスクじゃないのかなと思っています。

 

油というのは、別に米油だけじゃなくて、サラダ油やべに花油、コーン油、オリーブオイル、ごま油、キャノーラ油など沢山の種類があります。それの主な違いというのは、まず「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」と「必須脂肪酸」の3つに分類できます。

 

さらに細かく分けると「不飽和脂肪酸」はオメガ9系に、「必須脂肪酸」はオメガ6系、オメガ3系に分けることができます。

 

 

飽和脂肪酸

バター、ラード、牛肉、豚肉、乳製品などの動物性の脂肪や、パーム油、ヤシ油、ココナッツオイルなど熱帯植物に多く含まれる。

 

体内で作り出すことができるので、たくさん食べる必要はありません。

一価(単価)不飽和脂肪酸

オメガ9系の油。
体内で作り出すことができるので、たくさん食べる必要はありません。

必須脂肪酸

身体の中で作り出すことができず、健康を保つために摂取が必要な脂肪酸。
「オメガ3」「オメガ6」のカテゴリに分けられます。

 

さてここで最近良く聞く、オメガ9、オメガ6、オメガ3とは何なのでしょうか?

 

○ オメガ9

不飽和脂肪酸

オレイン酸が多い油
オリーブオイル、キャノーラ油(なたね油)、高オレイン酸サフラワー油など

 

米油はオレイン酸が42%

△ オメガ6

必須脂肪酸

リノール酸が多い油
紅花油、コーン油、ひまわり油、サラダ油、グレープシードオイル、大豆油、サフラワー油、月見草オイル
肉の油(牛肉、豚肉、鶏肉など)

 

米油はリノール酸が37%

◎ オメガ3

必須脂肪酸

EPA、DHA、アルファリノレン酸が多い油
青魚(いわし、あじ、さば、カツオ、マグロ、サケなど青魚)の魚油
えごま油(しそ油)、亜麻仁油(フラックスオイル)など

 

油は摂りすぎると肥満や脂質異常症(高脂血症)の原因になりますが、不飽和脂肪酸のオメガ9、オメガ3は適量であれば、中性脂肪やコレステロールを下げる働きがあると言われています。

 

とはいえ、オメガ9、オメガ6、オメガ3、「この中のどれかを摂ればいい」というわけではなく、バランスよく摂る必要があります。

 

理想のバランスは

 

【飽和脂肪酸】は3 : 不飽和脂肪酸【オメガ9系】は4 : 必須脂肪酸【オメガ6】+【オメガ3】は3

 

このうち、オメガ6とオメガ3の理想比率の内訳は【オメガ6】1~4対【オメガ3】1ですが、現在の食生活では【オメガ6】10~50対【オメガ3】1ぐらいになってしまっているそうです。

 

つまりオメガ6系を摂り過ぎています。当然、米油もオメガ6系に該当します。

 

それでオメガ6系の何が問題かというと、現代人はオメガ6系であるリノール酸を摂り過ぎていて様々な健康リスクが高くなっています。

 

このオメガ6系であるリノール酸を摂り過ぎると、

 

  • 発ガン性がある
  • 炎症を起こし、痛みやアレルギーを誘発。
  • 血栓の促進。血圧上昇。血液を固める。・食物アレルギーやアレルギー性皮膚炎を持つ子供が増えている。
  • スポーツの世界でも、怪我をしてしまう選手が絶えない。
  • 生活習慣病が増えている。

 

などアトピーだったりアレルギーだったり、癌だったり、生活習慣病の原因にもなっています。ただオメガ6は体内で作ることができないため、必要不可欠なんです。

 

必要不可欠なんですが、圧倒的にオメガ3系の青魚などを食べる習慣が少なくなり、肉を食べ、油こい料理を使うようになったことが問題です。

 

さて、米油の成分をもう一度見てみましょう。過剰摂取であるオメガ6系リノール酸が37%、体内で作り出すことができるオレイン酸が42%という比率です

 

そのため、サラダ油から米油に変えたところであまり意味はないのかもしれません。なぜなら、過剰摂取だから。

 

でも、食生活をすぐに変えるのは難しいですよね。どうすればいいか?

 

理想のバランスに近づくためにやるべき2つのこと

 

さて過剰摂取気味のオメガ6を減らし、不足がちなオメガ3を積極的に取り入れて理想のバランスに近づきましょう!

 

オメガ3系の必須脂肪酸を取ろう!

 

まずは、オメガ3系のオイルを積極的に取りましょう。オメガ3は青魚や亜麻仁油からしか取れません。またオメガ9系と違って体内で作ることができないため積極的に取る必要があります。

 

オメガ3はオメガ6と真逆の働きをします。アトピー、花粉症・アレルギー予防やうつ、糖尿病、がん、生理痛、頭がよくなる、ダイエット効果、アンチエイジングなどの効果が期待できます。

 

ただし亜麻仁油は熱に弱いため炒めものや、油揚げには向きません。ですので基本は生で食べること!

 

⇒ 簡単にオメガ3を取りたい方はコチラ

 

 

油を強力に分解する烏龍茶を黒積極的に飲もう!

 

油を強力に分解する働きがあることでも知られる黒烏龍茶には、食後の血中中性脂肪が上昇するのを防ぐ働きがあります。そのため脂肪の吸収を抑えることができダイエット効果を期待できます。

 

ただ黒烏龍茶を飲み続けるにあたり、ネックとなる要因の一つが価格です。一般的なスーパーだと大体350mlで160円~170円で販売されています。

 

⇒ 1杯66円!管理栄養士監修、医学・薬学博士推薦の黒烏龍茶

 

 

終わりに

 

いかがでしょうか?米油はテレビなどで話題で、良い側面ばかり放送されてましたが、実は積極的に取ろうとまでは言い切れないことが今回分かりました。

 

もし単純に、動脈硬化を予防したい、もっと手軽に済ませたいのであれば、こういったサプリメントがオススメです^^