ムダ毛を薄くするには

ムダ毛を薄くするには

ムダ毛を薄くするには

ムダ毛を薄くするには、今すぐ薄くしたいのか?それとも時間をかけてもいいから薄くしたいのかによってアプローチがやや変わってきます。

 

そこで本日はムダ毛を薄くする方法と、どうしてムダ毛が濃くなるかについてをお話しします。
それではご覧ください

 

 

ムダ毛を薄くするには、今すぐ?時間をかけても?

 

ムダ毛を薄くする方法には、いますぐに薄くしたいのか、時間をかけてもいいから薄くしたいのかでわかれます。今すぐ薄くしたいのであれば、脱色をすれば薄く見えます。時間をかけてもいいから薄くしたいのであれば、抑毛ローションや脱毛という手段があります。

 

そもそも体毛が濃くなるのは?

 

そもそも体毛が濃い原因は3つ。

 

1・遺伝による影響
2・毛穴の数
3・ホルモンバランスの乱れ

 

毛穴の数も遺伝によって決まるものですが、広い意味での遺伝としては、ご先祖様が寒い地域に住んでいたアイヌ系だったかも知れません。アイヌ系の人は、寒い場所に適応するため、体毛が発達したのです。

 

残念ながら体毛の量はある程度先天的な要因で決まります。1と2は残念ながらあなたが決めることはできません。

 

生まれた赤ちゃんのころから毛深かかったと言う人は、先天的な遺伝によるもの。

 

それでは最近徐々に毛が濃くなったな〜という人はホルモンバランスの崩れが考えられます。これは特に思春期の女性に多く見られ、他にも無茶な生活をしたり、無茶なダイエットをしたり、仕事や人間関係でストレスがたまっていたり、栄養バランスが偏っている場合はホルモンバランスが乱れ結果体毛が濃くなります。

 

 

今すぐ薄くしたい!

 

今すぐ薄くしたいのであれば、脱色をすれば最もムダ毛が薄く見える手段です。ただ皮膚に負担をかけるためあまりオススメはしません。それであれば剃刀で剃ったほうが良いです。(カミソリを使っても毛深くはなりませんので安心して下さい。)

 

ムダ毛処理のメリットデメリット

 

 

時間をかけてもいいから薄くしたい!

 

時間をかけてもいいからムダ毛を薄くしたのであれば、抑毛ローションか脱毛が良いでしょう。

 

抑毛ローション

抑毛ローションは一般的に豆乳ローションと呼ばれ、豆乳が持つイソフラボンの作用によってムダ毛を薄くする効果が期待できます。イソフラボンは女性ホルモンに似た作用があると言われています。

 

自宅で手軽に豆乳ローションを作る方法

 

脱毛

脱毛は毛の根本を根絶やしにするため、体の部位にもよりますが数回通えば生えなくすることができます。また毛が濃い人のほう脱毛しやすいです。多少のお金はかかりますが、長期的にみたら、肌にも負担がかからず、ムダ毛が濃いことに悩む必要もなく、一生面倒な自己処理をする手間もなくなります。

 

はじめてでも失敗しない脱毛サロンの選び方8つのポイント

 

 

ホルモンバランスは乱れやすい!日常の生活面を見直そう

 

先ほど体毛の原因には、先天的なもの(遺伝)と後天的なもの(ホルモンバランス)があると言いました。

 

後天的なホルモンバランスの乱れについてですが、女性なら誰しもがなる可能性が考えられます。こればかりは生活面を気をつけるしかありません。例えば、

 

  • 規則正しい生活を心がける(22時に寝て、6時に起きるが理想)
  • 栄養のバランスを考えた食事を心がける
  • 十分な睡眠を取る
  • 定期的なスオトレス解消法を取り入れる
  • 肌を冷やさないようにする
  • サイズが合わない下着をはかないよう心がける
  • 定期的な有酸素運動をする
  • 姿勢良く過ごす
  • 利尿作用のある飲み物は控える
  • 趣味をもつ
  • お菓子やスイーツなど甘いものは控える
  • タバコをやめる
  • 3食しっかり食べ、朝食は抜かない
  • 肉食塩分の取り過ぎに気をつける
  • リラックスする時間をもつ

 

など言い出したらきりがありません。

 

とにかく「規則正しく、ストレスフリーで、栄養のある食事を!」ということです。

 

でもそう簡単にいかないのも分かります。一人暮らしで働いていれば、残業や付き合いで夜遅く帰ることもあるし、疲れて運動だってできない、朝はギリギリまで寝てたい、スイーツ最高!今すぐ改善していくのは難しいでしょう。

 

それなので、抑毛ローションを使うか、思い切って脱毛してみるのがベスト。一つ一つできることから始めましょう。