【衝撃!】6歳までに与えた食事やオヤツで子供の成長が決まる?!

【衝撃!】6歳までに与えた食事やオヤツで子供の成長が決まる?!

6歳までの子供をもつ親御さんにとっては何ともショッキングな驚くニュースが届いてます。

 

日本には「三つ子の魂百までも」という言葉がありますが、何と驚くことに3歳までの子供に何を食べさせたか?どんな食事やオヤツを食べさせたか?によって子供の成長や身長が決まってしまうというのです。(一説によると6歳までとも)

 

アメリカの栄養学者であるスーザン・ロバーツさんと、医学博士のメルヴィン・ハイマンさんが、共同で研究を行った結果、乳幼児(0歳から6歳まで)の食事が、その子の一生に及ぶ健康や知能に影響を与えることを解明したんです。

 

日本でも子どもの成長は、6歳までの食事で決まるという文庫本が出版されて話題になっていますが、驚くのはそお中身です。

 

「身長のプログラミングは、5歳までで決まってしまう!」「知能の発達やIQは、生後1年の間に急成長する」「免疫系は、生後数ヶ月間」など子供の時の食事内容がいかに将来を大きく左右するかについて発表されています。

 

また、医療法人真正会の川村小児科の川村院長は、低身長の人にはある特徴があると述べています。

 

それは3才までの食事不足、特に蛋白質不足が小学生入学時の背の順番と相関すると言っています。

 

タンパク質不足が原因になるのは、母乳からミルク、離乳食への切り替え失敗や、生来小食、偏食など栄養性低身長だとして、小学生入学時の時期にクラスの背の順で一番前になったら将来、低身長で悩むといいます。

 

つまり、子供の栄養不足は知能の低下、低身長の危険性、将来メタボリックになる可能性があるのです。

 

子供の時期の食事は、どうすればいい?

 

特に子供のときに重要な栄養素は、「食物繊維、カロリー、鉄、カルシウム、亜鉛、葉酸およびビタミンB群、ビタミンA・C・E」。これら8つの栄養素さえきちんと摂っていれば、健康で賢い子どもに育つことがわかっています。

 

また6カ月以下の新生児では大人の脂肪の必要量が食事全体のカロリーの20%であるのに対し、生後6ヶ月以下の赤ちゃんは50%必要なのです。

 

この時期に低カロリー食を摂っていると、栄養失調になるばかりか、効率よくカロリーを蓄えるようメタボリック・プログラミングが行われるため、大人になってから肥満するリスクが高い。

 

果物や野菜がたっぷりで亜硝酸塩があまり含まれない食品を食べている子どもは、小児癌になる確率が低く、ホットドッグ、ハム、ベーコン、ソーセージは亜硝酸塩を含むので避けましょう。

 

バター、マーガリン、ショートニングを使った焼き菓子、アイスクリーム、ケーキ、塩分の高い食品、炭酸飲料、清涼飲料水、キャンディ、ドライ・フルーツ、クッキー、クラッカー、ポテトチップスなどのオヤツは避けるべきです。

 

子供の食事、ただ1つ問題が・・!

 

恐らく、子供の食事で悩むのは、子供の好き嫌いが激しいとか偏食してしまうということじゃないでしょうか。

 

6歳までの時期に必要な、8つの栄養素(食物繊維、カロリー、鉄、カルシウム、亜鉛、葉酸およびビタミンB群、ビタミンA・C・E)である、野菜、果物、豆類や牛乳、鶏肉、魚など幅広く食べさなければなりません。

 

それに両親が共働き家庭だったり、食文化が欧米化して偏った食事をしてしまう家庭も増えています。ではどうすれば子供の好き嫌いでもバランスのある栄養が取れるでしょうか?

 

子供の好き嫌いでもバランスがとれた栄養価が高い食事法

 

ぶっちゃけ、子供の好き嫌いや偏食中にバランスのとれた栄養ある食事を取らせるのは難しいです。そこで開発されたのが、子供の栄養を簡単に取れるサプリメント「キッズサプリ」です

 

サプリといっても、このキッズサプリは一味違います。このキッズサプリなら子供は、まるでラムネキャンディーを食べるかのような感覚で栄養が簡単に取れるのです。

 

 

http://homepage2.nifty.com/hoikuen-debut/sub5kodomonoseichou.htm